テレビ局の就活と転職の攻略ガイド > AD転職ガイド > 作文は合否に直結!AD転職を目指す作文の攻略ポイント

作文は合否に直結!AD転職を目指す作文の攻略ポイント

AD転職を目指す作文の攻略ポイントは?

作文は、AD転職の合否を大きく左右する重要な項目です。転職したいテレビ局や番組制作会社が決まったら、すぐに作文対策に取りかかりましょう。

AD転職を成功させるために必要な作文のポイントは2つあります。

ひとつは「あなたの体験談をわかりやすく語りながら、あなたのスキルや個性をアピールすること」。もうひとつは「採用担当者が入社後に一緒に働いてみたいと感じる作文を目指すこと」です。

AD転職の筆記試験で出題される作文は、800字、もしくは400字という字数制限があるケースは多く、採用担当者が興味を持ってくれ、あなたのスキルや個性をアピールできる体験談をコンパクトにまとめる能力が要求されます。

出題される作文は「お題」が決まっていることが多いわけですが、どんな「お題」が出題されても、必ず「あなたのスキルや個性をアピールしながら、入社の熱意を伝えること」を忘れないでくださいね。

僕は作文が苦手です。僕と同じように、作文な苦手な皆さんがいらっしゃるかもしれませんね。

でも、転職を成功させること(筆記試験を突破すること)に限定すれば、決して難しい作業ではありません。きちんと準備すれば、合格作文を完成できるので、安心してくださいね。

まず、作文対策として、あなたの人生で起こった「インパクトのある出来事」を書き出してみましょう。

選ぶ基準はもちろん「採用担当者が興味を持ってくれるかな?」です。バラエティ志望の皆さんは「シリアスな出来事ではなく、笑える出来事を選ぶ」というイメージですね。

あなたの人生で起こった「インパクトのある出来事」を選んだら、実際に800字、または400字で作文を書いて練習しましょう。

練習するときは「お題」について特に考えなくてもOKです。「あなたのスキルや個性、熱意が伝わっているかな?」を最優先してくださいね。

あなたが練習で完成させた作文が「作文対策のベース」になります。

本番では、練習で完成させた作文をベースにして「お題」を盛り込み、あなたのスキルや個性、熱意を伝えることができれば、作文をクリアできます。

もし時間があれば、作文の参考書を購入したり、図書館で借りたりしながら「お題」を見つけて、本番のイメージしながら、作文を書いてみましょう。ベースができたら、練習あるのみです!

作文を書くときは「難しい言葉を避けること」「ひとつの文章を50字以内にまとめること」を意識して、わかりやすい作文を目指してくださいね。

難しい言葉やテクニックに頼る必要はありません。わかりやすい言葉を選び、あなたのスキルや個性、熱意をきちんと伝えることを心がければ、作文のハードルを下げることができますよ。

作文は、最終面接まで、あなたと採用担当者をつなぐ話題になるので、転職を決意したら、すぐに対策に取りかかりましょう

もし不安な場合は、転職サイトのサポートを活用したり、参考書を購入したり、早い段階で作文対策に取り組んでくださいね。

転職求人サイト
  • リクナビNEXT(転職は時間を大切に!情報収集で乗り遅れないで)
テレビ局の就活と転職の攻略ガイド > AD転職ガイド > 作文は合否に直結!AD転職を目指す作文の攻略ポイント
テレビ業界の就活を始める前に
エントリーシート対策
クリエイティブ試験対策
テレビ業界の作文対策
テレビ業界の一般教養対策
テレビ業界の面接の攻略法
テレビ業界の転職を始める前に
転職は企画で勝負